【Amazon,ebay】無在庫のデメリットとは?

無在庫デメリット

無在庫デメリット
前回は無在庫販売の説明とメリットをお伝えしました。

 

読まれていない方は是非、ご参照ください。

【Amazon,ebay】無在庫という在庫切れリスク無しの販売方法

 

無在庫は資金周りも良いし、在庫を持たなくて良いし

「最高じゃん!」

と思いますよね。私もそこだけ聞くと思います(笑)

 

じゃあ、デメリットって何?

となると以下が挙げられます。

 

売れた商品は必ず仕入れないといけない

前回記載したようにAmazon,ebayは無在庫OKとしているわけではありません。

売れたら仕入れないとならないのです。

バイヤー都合でキャンセルすることも出来ますが、アカウントが悪くなり最悪サスペンドに繋がります。

 

頻繁な価格・在庫改訂が必用

仕入れが必須なので、仕入れ先のこまめな価格・在庫チェックと、出品内容の改訂が必用です。

出品数が多くなると、ツールを使っても改訂されるまでに時間がかかります。

ツールの質もありますが、改訂までの間に売れて赤字だったという可能性があります。

 

FBAが出来ない

有在庫ではないので、FBAができないです。

FBAは出品後の手間がかからないというのもありますが、

大きなメリットとしてカートが取得しやすい傾向にあります。

 

また、以前記事に記載しましたが

【2016年】Amazonの意向を考えてみる

Amazonとしてはトラブル軽減の為にも

FBAセラーを増やしたいということを頭に入れときましょう。

 

売れにくい

無在庫は輸出をする上で、一番入りやすい販売の仕方です。

それ故にライバルセラーが多いのです。

人機商品には1商品に100人以上いることもザラです。

 

その中で利益を取ろうとすると、カートを取得することは勿論

1ページ目に表示されることも難しいでしょう。

表示が後ろになっていけばいく程、商品の売れる確率が下がっていきます。

 

また、Amazon.co.jpからの転売となると

マーケットプレイスからの購入だと既に、利益が乗っかった状態から購入することになるので

有在庫セラーから価格で勝負することが難しいのです。

 

このようにメリットがある反面、デメリットもあるということを覚えておいてください。

デメリットを押さえておくことは商売する際に非常に重要です。

 

無在庫のメリット・デメリットをお伝えしてきましたので

次は有在庫のメリットについてお伝えします!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

**************************
LINE@で企画を先行配信してます!

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
https://line.me/ti/p/%40hbo3148k
PCの方は @hbo3148k で検索してください。
**************************

今、ランク何位かな〜?

PS.
大量出品からのデータ分析にPRIMAを愛用してます。しかも無料期間あり! https://www.viral-manager.com/aff/185815/2241/

PPS.
FBA価格調整は24時間対応している価格改定ツールで!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=303246&iid=54813

PPPS.
会計処理は専用ソフトを使って、効率的に済ませましょう!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGARO+6JSFM+2XTQ+5ZMCI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です