【Amazon,ebay】有在庫は無在庫セラーに打ち勝てる!

有在庫メリット

有在庫メリット
2回に渡って無在庫のメリット・デメリットをお伝えしました。

無在庫という在庫切れリスク無しの販売方法

無在庫のデメリットとは?

 

今回は有在庫についてのメリットをお伝えします!

有在庫のメリットは下記が挙げられます。

 

出品コントロールができる

無在庫の場合は、価格・在庫改訂を常にしていかないといけないので

出品数が多い場合は改訂までに時間がかかります。

 

それに比べて有在庫は、売りたい時にすぐ売ることができ、結果として高利益で売り抜くことが可能です。

逆に下落して売りたくない時にはすぐ取り下げが可能なので、赤字リスクが減少します。

 

FBAができる

有在庫ならではですね。

前回も記載しましたが、FBAセラーはカートを取得しやすい傾向があります。

無在庫セラーが最安値で争っていても、FBAセラーは価格競争に巻き込まれずに悠々と売ることができます。

 

仕入れを安くできる

多くの無在庫セラーはAmazon.co.jpの価格をもとにAmazon.comへ出品しています。

仕入れ先がマーケットプレイスの場合は、定価よりも利益が乗った状態で仕入れることになるのです。

 

有在庫は先に仕入れるので、マーケットプレイスから購入しなくても

定価以下で仕入れられる店舗、更にはメーカーや卸などから割安で仕入れることが可能です。

すなわち、価格競争をしようと思えば無在庫セラーに競り勝ち「独占的」に販売することができます。

 

発送が早い

商品を取り寄せることがないので、すぐに発送できます。

 

発送遅延はアカウントの状態を悪くします。

例えばオークションで仕入れるとなるとハンドリングタイムを多めに設定しないとなりません。

そうすると、カートはハンドリングタイムが短い方を優先するのでカートが取得しにくくなります。

 

また、すぐに発送することでポジティブフィードバックをもらいやすくなります。

ポジティブフィードバックはアカウントを良くしますし、お客様の購入先選択にも影響を及ぼします。

 

 

有在庫のメリットはご理解頂けましたでしょうか?

無在庫とは違ったメリットがありますよね。

 

輸出ビジネスを始める際には、アカウントが弱い状態です。

1000件の販売履歴があり、1件A-to-Zがあってもアカウントには大した影響はありませんが、

10件の販売履歴しかなく、1件でもA-to-Zがあったらサスペンドされてしまう可能性が非常に高まります。

 

最初はアカウントを成長させる為にも、有在庫からの販売をオススメします。

 

次は有在庫のデメリットについてお伝えします!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

**************************
LINE@で企画を先行配信してます!

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
https://line.me/ti/p/%40hbo3148k
PCの方は @hbo3148k で検索してください。
**************************

今、ランク何位かな〜?

PS.
大量出品からのデータ分析にPRIMAを愛用してます。しかも無料期間あり! https://www.viral-manager.com/aff/185815/2241/

PPS.
FBA価格調整は24時間対応している価格改定ツールで!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=303246&iid=54813

PPPS.
会計処理は専用ソフトを使って、効率的に済ませましょう!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGARO+6JSFM+2XTQ+5ZMCI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です