【Amazon,ebay】有在庫のデメリットとは?

有在庫デメリット

有在庫デメリット
前回は有在庫のメリットについてお伝えしました。

有在庫は無在庫セラーに打ち勝てる!

 

それでは有在庫のデメリットは何なのでしょうか?

有在庫のデメリットは下記となります。

 

資金が必要

先に仕入れるので、当然資金が必要となります。

 

資金に関してはクレジットカードでの仕入れで問題ありません。

Amazonなら2週間に1回、ebayなら一定の基準に達すればすぐに入金されます。

それなので、先に仕入れてもクレジットカードの払いには間に合います。

 

ただ、サスペンドには気をつけなければなりません!

サスペンドされると資金凍結もされる可能性が高いので、

最初のうちはアカウントを育てるつもりで、低単価の商品を取り扱うことをオススメします。

 

在庫リスク

これが有在庫をやりたくない一番の理由だと思います・・!

 

しかし、予期せず在庫を残してしまうということは、

「仕入れ」か「販売」の両方、あるいはどちらかを間違えているということです。

 

「仕入れ」の場合は、

売れる商品なのか?

一時的に売れているような商品なのか?

売れる数を分析して、適切な数を仕入れているか?

それ以上安く仕入れられる所はないか?

 

「販売」の場合は

周りよりも高値で売ろうとしていないか?

販路を広げているか?

お客様が欲しいと思うのか?

 

ここをしっかりと押さえていれば、在庫リスクに怯えることなく

積極的に仕入れることができます。

 

在庫を保管するスペース

私も最初の頃は薄利多売でやっていた為、家に段ボールが山積みになっていました(笑)

もう、この状況を見るだけでモチベーションが下がります。。

 

解決法としては、仕入れの時点で第三者へ送ることです。

例えば、発送代行業者に送ればそのまま発送もしてくれますし、

商品を置いてくれるSOHOさんを雇っても良いです。

(発送もお願いできるのであればしましょう)

 

有在庫のデメリットもご理解頂けたでしょうか?

デメリットと対策さえ知ってしまえば、意外となんとかなりそうですよね。

 

計4回に渡り、

無在庫・有在庫のメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

 

ここで、私は無在庫がいいなぁ〜

いや、有在庫だろ!

 

と感じたと思います。

※感じてない方はもう一回、記事を自分の状況に当てはめて読んでみてください!

 

じゃあ、どちらをやればいいのか?

答えは「両方」です・・・!

 

次回は無在庫、有在庫を活用した

販売戦略についてお伝えしていきます!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

**************************
LINE@で企画を先行配信してます!

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
https://line.me/ti/p/%40hbo3148k
PCの方は @hbo3148k で検索してください。
**************************

今、ランク何位かな〜?

PS.
大量出品からのデータ分析にPRIMAを愛用してます。しかも無料期間あり! https://www.viral-manager.com/aff/185815/2241/

PPS.
FBA価格調整は24時間対応している価格改定ツールで!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=303246&iid=54813

PPPS.
会計処理は専用ソフトを使って、効率的に済ませましょう!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGARO+6JSFM+2XTQ+5ZMCI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です